引っ越しにはどんな費用がどれくらいかかるの?引っ越し費用が払えないときはどうすればいいの?

転勤や進学、就職などで引っ越しをすることになる人も多いと思いますが、引っ越しというのはかなりのお金がかかります。もともと貯金ができていればそれほど問題はありませんが、急な転勤などで突然引っ越しを迫られることもあるでしょう。

 

中には「引っ越したけれどお金が無くて引っ越せない」という人もいるかもしれません。ここでは引っ越しにかかる費用とその内訳、また引っ越し費用が払えない時にはどうすればよいかなどについてみていきたいと思います。

 

【引っ越しにかかる費用とその内訳】

引っ越しには、新しい家の家賃のほかにも次のようなお金が必要になります。
・敷金
 敷金は物件ごとに違いますが、一般的には家賃の1〜3か月分だと言われていて、これを入居時に支払います。
 敷金とは「退去する際の修繕費」のことであり、あらかじめそれを渡しておくという意味があります。
 ですからもしも退去時に修繕費はかからなければ返金してもらうことができます。
 しかし逆に部屋を破損したり壁を汚してしまった場合は、その際の修繕費用は敷金で賄われます。

 

 新築物件や人気物件の場合敷金も高いことが多いですが、「敷金ゼロ」という物件も中にはあります。
 ですからお金に余裕がない場合は、敷金のかからない物件を選ぶのがオススメです。

 

・礼金
 礼金も物件によって異なりますが、大体家賃1〜3か月分を入居時に支払うというのが多いようです。
 礼金は「大家さんや管理会社へのお礼の気持ち」のことであり、入居する側にしてみれば単なる負担でしかありません。
 また敷金とは違い、礼金は一度支払うと戻ってくることはありません。
 ただ物件によっては交渉次第で礼金をゼロ、もしくは安くしてもらえることはできます。
 引っ越し費用をなるべく抑えたいのであれば、礼金交渉をするか初めから敷金ゼロの物件を選ぶことが大切です。

 

・仲介手数料
 仲介手数料の相場は家賃の1か月分であり、不動産会社に対して支払います。
 避けられない出費ではあるものの家賃が高ければかなりの負担になりますから、できることなら支払いたくはないですよね。
 仲介手数料を抑えるには家賃の安い物件を選ぶか、もしくはエイブルなど不動産会社の中には仲介手数料が家賃の半分というところもあるので、そういった会社を利用するのがオススメです。

 

・前家賃
 引っ越しをすると、実際に住み始める時に翌月分の家賃をあらかじめ支払っておきます。
 これが「前家賃」と呼ばれるものですが、お金がない場合はこれもかなりの負担となります。
 物件によっては前家賃が不要なところもありますので、初期費用を抑えるにはそういった物件を選ぶのも一つの方法です。

 

・クリーニング費用
 クリーニング費用の相場は大体1〜3万円で、基本的には退去者ではなくこれから住み始める入居者が負担します。
 ですからもしもクリーニングが不要な場合、物件によっては断ることもできますので、あらかじめ入居前に相談してみるとよいでしょう。
 またクリーニング業者の中にはいい加減なところもあり、クリーニングをしたものの綺麗になっていないというトラブルも頻繁に起きているため、業者選ぶをしっかりすることも大切です。

 

・鍵の交換費用
 鍵の交換費用の相場は1〜2万円程度です。
 交換しておかないと、以前の入居者が勝手に入ってくることも考えられるため、交換しておくほうが安心です。
 物件にもよりますが鍵を選ぶこともできるため、選べるようであればピッキングされにくい鍵がオススメです。
 ただし費用は高くなりますので注意しましょう。
・管理費と共益費
 管理費と共益費は、エレベーターや階段など、物件の共有部分の維持・管理に使われる費用のことです。
 管理費や共益費が家賃に含まれている物件もあれば、そうでない物件もありますので、物件を選ぶ際には気をつける必要があります。
 例えば家賃に含まれていない場合、「家賃8万円・管理費1万円」となっていれば、実質的には家賃が9万円ということになります。

 

・引っ越し代
 引っ越し代は、引っ越しの時期や荷物の量、引っ越し先、部屋の大きさなどによって変わります。
 例えば1Kであれば1〜3万円程度で、それ以上の場合数万円〜数十万円はかかります。
 引っ越し費用を少しでも抑えるためには、あらかじめ不用品は処分して荷物を少なくしたり、引っ越しの多い3月・4月・9月は避ける、もしくは頼める友人がいるならば自力で引っ越しをするなどの工夫をすることが大切です。

 

 不用品を売ってお金にすればそれを引っ越し代に充てることもできます。
 また引っ越しの繁盛期はそうでない時に比べると、引っ越し費用が2〜3倍になります。
 どうしてもその時期でなければいけない場合を除き、繁盛期は避けたほうがよいでしょう。
 それから引っ越し業者が初めに提示してくる金額はかなり割高なので、見積もり依頼する際には必ず価格交渉をすることも大切です。
 向こうは渋るかもしれませんが、食い下がることで場合によっては半値ほどの料金に値切ることも可能です。

 

・修繕費
 修繕費は、現在住んでいる家を退去する際に支払うお金です。
 敷金ではまかないきれなかった分を追加で支払います。
 ですから元々敷金のない物件に住んでいた場合は、退去時の修繕が全額自己負担となります。

 

主だったものでもこれだけの費用がかかります。
細かな出費はまだまだたくさんあるので、実際には自分が予想していたよりも多くのお金がかかることは珍しくありません。
ですから引っ越し費用はあらかじめ少し多めに準備しておくことが大切です。

 

出典:単身パック

 

【引っ越し費用の工面の仕方】

どんなに節約しても、引っ越しにはそれなりのお金がかかりますので、何とかお金を工面する必要があります。
すぐに工面できる方法としては次の2つがあります。
@クレジットカードで支払う
Aキャッシングで引っ越し費用を借りる

 

今はお金が工面できないものの、来月や再来月になればお金が入ってくるという人もいると思います。そのような場合はクレジットカードで引っ越し費用を先払いするのがオススメです。

 

敷金や礼金、家賃などはクレジットカードでの支払いが難しいと思いますが、引っ越し代ならば業者によっては対応可能です。また家電や家具、日用品の購入もクレジットカードで支払っておけば、支払いを先に延ばすことができます。

 

引っ越しにかけるお金がない場合は、引っ越し費用をキャッシングで賄うのもよいでしょう。クレジットカードを持っている場合は、クレジットについているキャッシング枠を利用するのもよいです。その他大手銀行のキャッシングローンやアコムなど消費者金融のキャッシングを利用するという方法もあります。

 

 

【引っ越し費用をキャッシングで借りるメリットは?】

引っ越し費用をキャッシングで借りると次のようなメリットがあります。
●最短即日でお金を借りることができる
 キャッシング先にもよりますが、最短即日でお金を借りることができます。
 審査に通りさえすれば、その後の借入まではとてもスムーズに運びます。
 少額ならば運転免許証もしくは保険証だけで借り入れができますし、なにより引っ越し費用をすぐに用意できるというのは大変便利です。
●使う目的が限定されない
 カードローンは何に使っても構わないため、引っ越し費用として借りることができるほか家賃の支払いや家電の購入に充てることもできます。

 

ただしキャッシングの場合利息はあります。
例えば10万円を年率17.8%で借りた場合、返済額は
・1年間(11回/毎月10,000円)→返済総額109,043円
・2年間(24回/毎月5,000円)→返済総額119,490円
・3年間(32回/毎月4,000円)→返済総額125,864円
となります。
このように、借入期間が長くなればなるほど毎月の負担は少なくなりますが、利息は増えるため返済総額は高くなります。

 

ただ引っ越し代程度の金額であればそれほどの利息にはならないため、キャッシングも選択肢の一つとして考えておくとよいでしょう。

 

 

キャッシング会社も【オススメのキャッシング会社は?】いろいろありますが、特にお勧めなのは次の3つです。
・プロミス
・アコム(無利息キャッシング
・モビット
これらのキャッシング会社は、メールアドレスの登録などの条件を満たせばインターネットで簡単に申し込み手続きができるうえ、即日融資も可能なため大変便利です。
また電話や郵送が一切なくインターネットで手続きが完了できるため、家族や職場の人などにばれる心配もありません。
それから初回利用の人に限ってですが、30日間は無利息で借り入れができるため大変お得です。
事前審査も簡単ですから、まずは借り入れが可能か気軽にチェックしてみることをお勧めします。